×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プリストンテール(Priston Tale)

プリストンテール01 【ジャンル】:3D、MMORPG
【世界観】:ファンタジー
【料金】:基本無料+アイテム課金
【サービス開始日】:2009年4月16日
【定期メンテナンス】:第1・第3水曜日10:00〜14:00

プリストンテールとは

プリストンテール02

プリストンテールは、プリストン大陸に再び姿を現しはじめた邪悪な魔族に立ち向う戦士達の冒険をテーマにしたファンタジーMMORPGです。
全てのモンスターがフルアクティブとなっており、一瞬たりとも気が抜けないスピード感あふれる戦闘が楽しめ、フル3Dの割には要求スペックも低く、複雑になりがちな操作もとてもシンプルで、誰もが手軽に楽しめるMMORPGです。

■世界観

神々によって創られた人間は文明を持ち、繁栄を遂げていく内に次第に神々へ対立していきます。これに対し神々は、神々を敬う一部の人々を除いて、人間を全滅させ、残された人々を神々は2つに分け、テムスクロンとモライオンの祖としました。そこに、かつてこの世界を混乱に陥れたミトランダ神が復活しましたが、神々と人間が協力し、何とかこれを退けるものの、滅ぼすまでには至りませんでした。
この戦いによって文明は壊滅状態となりましたが、テムスクロンとモライオンは互いに助け合い、1つの王国を作って復興を目指しだしました。
そして、今、闇に潜んだミトランダ神が三たび胎動を始めており、プリストン大陸の各所にその影響が出始めています。

プリストンテールの主なゲームシステム

プリストンテール03

■フルアクティブ

全てのモンスターがアクティブとなっており、キャラクターがモンスターに近づくとモンスターは接近して攻撃を仕掛けてきます。さらに、アクティブ化するモンスターの数に制限がないため、モンスターが多く発生する地点でキャラクターを立ち止まらせてしまうと周囲のモンスターが全て攻撃を仕掛けてくることになります。これによって常にスリリングなプレイが楽しめるのですが、安全地帯が少ないので、トイレ休憩や席を離れる時は注意が必要で、自分にはその気が無くても他のプレイヤーに押し付けてしまうというMPKも起こりやすいので注意が必要です。

■ブレスキャッスル(攻城戦)

クラン間で争われる攻城戦で、城を守る守備側と城を攻める攻撃側とに分かれて争われます。攻撃側クランのプレイヤーは、補給などを行う駐屯地、第1の関門である城門、第2の関門である内城壁を破り、守備側クランの設置するクリスタルタワーを破壊したのち、バルハラの塔を破壊することが勝利条件となり、クリスタルタワーがすべて破壊されないとバルハラの塔への攻撃は無効となります。これに対し、守備側クランはクリスタルタワーを複数設置し、攻撃特性を設定したりNPCの傭兵を配置することでそれを阻みます。
勝利クランは、ゲーム内の店やワープゲート使用料に対して税率を設定できるほか、次の週のブレスキャッスル開催時の守備側クランとなります。

■試練の塔 ベラトラ

4つの部屋に別々に入ったパーティーが、出現するモンスターと戦って獲得できる得点によって争われる勝ち抜き戦で、各フィールドには大量のモンスターが出現するため、非常に緊迫した戦闘を味わえます。全部で8ラウンドで構成されており、ラウンド3終了時点での上位2チームが次のラウンドに進むことができ、ラウンド6終了時点で1位のチームのみがラウンド7・8に進むことができます。特定のラウンドではボスモンスターが登場することもあり、これを倒すことができれば高得点が得られるほか、ベラトラ専用アイテムが出現したりします。
最終的に特定クランのメンバーが3人生き残っていた場合、生き残っていたメンバーの得点の合計がクランの成績となり、クランの最高成績による順位が1週間ごとに発表され、成績トップのクランがベルトラ支配クランとなり、ベルトラ入場料に対して一定の税金をかけることができます。

プリストンテールの魅力

プリストンテール04

基本的にはオーソドックスなMMORPGで、昨今のMMORPGに見られるシステムは一通り揃っています。初心者クエストをこなしていけばすぐにレベルアップすることができ、すぐに上級者の仲間入りができ、上級者になればプリストンテールの醍醐味である攻城戦やクラン戦などが楽しめ、大人数でワイワイ楽しめるコンテンツも充実しています。

日本では、ツイムネットによって2002年7月よりサービスが開始されましたが、ツイムネットの破産によりサービスを終了。その後、開発元のTriglow Picturesによって運営が行われた後、2003年5月より日本モリアとエキサイトの運営により復活。2006年2月24日には日本モリアより、シーアンドシーメディアに運営が移管されるものの2008年1月13日に終了。2008年1月29日より英語版サービス内に日本語版サーバーが設置されましたが、2009年3月13日に日本語版運営権をアラリオが獲得し、2009年4月より完全復活しています。
幾度となくサービスの終了や移管が繰り返され、波乱万丈のタイトルではありますが、終了したりしても復活できるというのはそれだけ中身には魅力があるとも言えます。

プリストンテールの動作環境

必須動作環境 推奨動作環境
OS Windows 2000 / XP / VISTA
CPU Celeron 300MHz Pentium 450Mhz以上
メモリ 128MB 以上 256MB 以上
VRAM メモリ 16MB以上 メモリ 32MB以上
DirectX DirectX 7.0 以上

▼プリストンテール公式サイト▼

(c)2008 Yedang online Corporation All Rights Reserved.
(c)2009 Arario Corporation All Rights Reserved.

HomeページTOP